札幌 大谷地 たむら小児科ホームページ

子育てガイド Child-nurturing guide

誤飲・誤食

赤ちゃんや乳幼児には、周りにあるもの全てが新鮮で、驚きの対象です。何でも口に入れ て、確かめてみたくなります。危険なもの(本当は、赤ちゃんにとっては、なんでも危険なのだけれど)は、絶対に手の届かないところに置く習慣を付けてください。

直径3.5cm以下のものは飲み込まれてしまいます。注意!注意!注意!

2007年までの27年間で乳児の誤飲のトップはタバコです。三分の一以上を食べてしまうことや、実際に命に関わることはほとんどありませんが、病院に駆け込んだり、薬用炭を飲まなければならなかったり、とても大変です。 また、実家に帰ったとき、祖父母の血圧の薬なども大変危険です。

休日の朝は、要注意!親がのんびり朝寝している間に、一人起き出した赤ちゃんがタバコの箱を開けて・・・薬のシートを破って・・・が、よくあるパターンです。休日の朝は危険です!!

HOME もどる