札幌 大谷地 たむら小児科ホームページ

子育てガイド Child-nurturing guide

火傷・溺水・転倒・窒息

不慮の事故については良くお判りかと思いますが、子供の死亡原因の1位となっています。

乳児期には、窒息、落下、交通事故、溺死、火傷などですが、7割は窒息死で、柔らかな布団にうつぶせ寝は、乳児突然死症候群の原因とも考えられており、とても危険です。

幼児期からは窓や階段からの転落、風呂や洗濯機での溺水、台所周りでのポット、炊飯器、レンジによる火傷など家の中には危険がいっぱいです。

風呂の湯は抜く、
ドアに鍵をかける、
洗濯機や窓の側、ベランダに椅子や台などを置かない、
テ-ブルクロスの上にやかんやポットを置かない、

等の注意が必要です。

事故は日曜日に多く発生しています。子供を危険から守るには親の保護と体験や学習を通じて子供自身に危険から身を守る習慣と能力を身につけさせていくことも大切でしょう。

HOME もどる