札幌 大谷地 たむら小児科ホームページ

子育てガイド Child-nurturing guide

結膜炎

風邪気味で鼻や目をこすっていると、すぐ細菌性の結膜炎になり、目が開かなくなったり、目脂が溜まって赤くなったりします。適切な抗生物質の点眼薬をさしてやれば容易に治ります。

流行性角結膜炎は、アデノウイルスという、伝染力の強いウイルスによって発症し、しばしば保育園や幼稚園、学校などで集団発生する事があります。手洗いを厳重にして下さい。

アレルギー性結膜炎で目の痒みが取れないで始終こすっていると、角膜に傷がついて視力が低下する事があります。抗生物質の点眼薬だけではなく、抗アレルギー薬の点眼が必要です。

多くは鼻や耳、気管支喘息など他のアレルギー症状を伴っている事が多いので、総合的なアレルギーの治療が必要なことも少なくありません。

いずれにせよ、「目は心の窓」、早めに受診して治すようにしましょう。

HOME もどる