札幌 大谷地 たむら小児科ホームページ

子育てガイド Child-nurturing guide

虫歯

 虫歯の原因の第一は砂糖です。砂糖が歯垢中の細菌と反応して酸をつくり、それが主に虫歯を進行させると考えられています。砂糖たっぷりのお菓子やジュース、乳酸飲料が子供のおやつとして溢れています。

 予防には砂糖を食べないのが一番です。寝る前に食べたり飲んだりしない、ジュースやイオン飲料を哺乳瓶でだらだら飲まない、食べた後はすぐ歯ブラシで歯に付着した砂糖を取って、口の中を清潔にする事。

 乳幼児の歯磨きは十分にできない事もあるけれど、習慣をつける意味で乳歯が生え揃ってくる2歳頃には始めましょう。低年齢では歯磨剤は使わない。5歳を過ぎたら少量のフッ素含有の歯磨でしっかり磨くのも良いでしょう。

 良い乳歯は良い永久歯を導き、丈夫な歯と歯並びは健康な体を作る根幹です。

HOME もどる