札幌 大谷地 たむら小児科ホームページ

子育てガイド Child-nurturing guide

アレルギー ってなんですか

 アレルギーというのはスポンジみたいなものだと思います。薬で症状を押さえているうちはいいけれど、止めるとまた出てくるからです。

 スポンジも押さえたら縮んで、手を離すとまた膨らむでしょう。そこで少し学問的に考えてみると、アレルギーとは身体の中での抗原ー抗体反応によって引き起こされる色々な症状のことです。

 抗原とは、眼、鼻、口、腸、皮膚などから身体の中に侵入してくる花粉やダニ、ハウスダスト、食物、化学物質、などのさまざまな物質のことです。抗原が血液の中に入ってくると、白血球のうちのリンパ球が異物(抗原)を認識して、それを排除しようとして、免疫グロブリンと呼ばれるたんぱく質を作ります。これが抗体です。

 抗原ー抗体反応が正常に働いているうちは病気は起こりません。ワクチンを接種すると抗体ができて、病気を予防することが出来るのは、この仕組みが正常に機能しているからです。ところが、体質的に特定の抗原に異常な反応をして、IgE と呼ばれる抗体を大量に作ってしまう人がいます。正常の免疫状態では起こらない反応なので、これをアレルギーといいます。

 アレルギー症状は、がさがさじゅくじゅくの皮膚炎、じんましん、鼻水、はなずまり、くしゃみ、結膜の充血、ぜろぜろの咳発作、下痢などさまざまです。同じ抗原にさらされても、一人一人が違う体質、つまり、過敏性の度合いが違うので、症状の出方や、発症の時期、年齢が違ってくるのがわかります。ですから、治療も一人づつ違っています.同じ薬を飲めば良というわけでもありません。

 症状が収まったからといって、病気が治ったのではないけれど、症状が無ければどんなにか楽なことでしょう。スポンジを押さえつづければ、もう膨らまなくなるように、アレルギーも、症状をとってコントロール出来れば必ず良くなります。アレルギーの症状を訴える子供たちが増えてきています。

 治療の一環として、食事の欧米化やあふれる食品添加物、加工食品、ダイオキシンを始めとする大気汚染物質の氾濫など、地球生活環境をどのように作って行ったら良いのかなどの問題も考えていかなければなりません。

HOME もどる