札幌 大谷地 たむら小児科ホームページ

コラム column

トムソンといっしょー20

ale of Tomson-20  トムソンといっしょ-20

「トムソンが笑った」 トムソンが笑った。ニカッと心地よさそうに笑った。家族の皆が僕を見て笑って、喜んでいる。今日はお正月のやすみだから、皆んなが集まっているんだ。東京のお兄ちゃんの家族も、帯広のお姉ちゃんのとこも、当別の二番兄ちゃんも、皆んな家族で集まって、テレビを見たり、ガヤガヤ話したりしている。僕はお父さんの足下で寝そべって話を聞いたり、テレビを見たりしていた。 動物のいろんな仕草の様子だった。
「犬が笑うんだって!」ってお父さんが言ってる。僕は、「そんなに珍しいことでもないのに」、と思った。 馬なんか歯をむきだしてワフワフって笑うし、猫は口元を曲げて、ニンヤリって笑うんだ、サルなんかは歯をむき出してイヒイヒイヒって笑う。哺乳動物は皆んな、笑ったり、怒ったり、泣いたりして、表情が豊かなんだ。象だって、キリンだって、カバやクマだって笑うんだよ。 近頃は、まわりにいる動物の種類が限られて、普段は、犬と猫くらいしか見られないから、ウサギやキツネやタヌキやヒツジやウシやヤギなんかが笑ってるところ見られる機会が無くなってしまったよね。人間と動物との関係が単純になって、人間が思っているよりもっと複雑な動物たちの心の動きが理解されなくなってきているのではないだろうか、と、思うんだ。
ディズニーはすごいよね、だって小さなネズミをよお~く見て、ミッキーマウスの映画を作ったんだから! 「トムとジェリー」も面白いよね。それと「ゴンぎつね」は小学校の教科書にも載っているよね。ゴンぎつねは、本当に最後になって、心からほんのりと笑うことが出来たんだ。一緒に暮らしていると、皆の気持ちも分かるようになるんだ。お母さんが言ってた、「しゃべられないだけで、人間と同んなじだね」って、そのときも僕は、ニンニンって笑った。
あっ、お姉ちゃんが呼んでる、抱っこされたら、「トムソンも笑ってみな!」っていうから、「じゃあ」って、笑って見せた。お父さんのパソコンのテーマ画像になってるよ! 愉しくて、気持ちがほんわかしている時に、話しかけられたり、抱っこされたり、なでられたりした時には、笑えるんだ、皆んなと一緒の時間を過ごせて良かった!って。
「トムソンが笑った!」って、みんなの笑い声でいっぱいになった。

たむら小児科
札幌市厚別区大谷地東4丁目1-2
地下鉄、東西線 大谷地駅 5番出口直結
大谷地ターミナルメディカルビル 2F
011-893-2288

HOME もどる