札幌 大谷地 たむら小児科ホームページ

インフルエンザ・はしか情報 Influenza information

インフルエンザ情報2002-1(Feb 6/2002)

2月になって、全国のインフルエンザ流行も本格的になってきたようです。大阪、京都、九州、東京での流行が報じられてきていますが、1月末には、青森でも増加の報告です。札幌ではまだまとまった流行は見られず、単発的に発症しているようです。分離株は、Aソ連、A香港いずれも認められ、B型も確認されています。

いずれにしろ、高熱+咳+倦怠感を主な症状とするので、「かぜ」と軽視しないで、できるだけ早く、小児科医院を受診してください。新しい抗ウイルス薬も使えれば、軽い経過で済ませることが出来ます。

また、時期がちょっと遅くはなってきましたが、ワクチン接種もまだ間に合うでしょう。特に受験生は、1回でも接種しておくと救われることもあるので、早く、接種してください。

HOME もどる